イデルビオンをお使いの患者さんへ

Menu

あなたは、CSLベーリングの医薬品を使用されている、あるいは使用される予定の患者さん、またはそのご家族の方ですか?

イデルビオンマニュアル ~投与(注射)方法編~

イデルビオンの投与(注射)方法

駆血帯をしめる

通常、手の甲、またはひじの内側の血管に注射します。注射部位よりも10cmほど心臓寄りの部位に駆血帯を巻き付け、しめます。

駆血帯をしめる

注意

  • 駆血帯は強くしめすぎないでください。

注射部位を消毒する

血管が浮き出てくるので、注射部位の皮膚をアルコール綿で拭いて消毒します。

注射部位を消毒する

翼状針を持つ

翼状針の針穴が上にくるようにして、翼のざらざらした面が外側にくるように持ち、針のキャップを外します。

正しい翼状針の持ち方

注意

  • 針先にはさわらないでください。
  • 注射器は転がらないようにタオルの上におきます。

血管に針を刺す

血管の走っている向きに合わせ約20°の角度で針を刺します。
血管に入ったら、針を少し倒してさらに進めます。

血管に針を刺す

血管に針を刺す

血液の逆流を確認する

血管に針が入っていれば、注射器のプランジャーロッドを少し引くと血液が逆流してきます。

逆流が確認できないとき→「こんなとき、どうする!?」参照

血液の逆流を確認

注意

  • 血液の逆流は、翼状針のチューブ内へ少量にとどめ、注射器の中まで逆流させないでください。 注射器の中まで逆流すると、イデルビオンの薬理作用によって血液中の成分が固まるおそれがあります。

駆血帯を外す

駆血帯を外します。

駆血帯を外す

注意

  • 薬液を注入する前に、駆血帯が外れていることを確認してください。

薬液を注入する

注射器を持ち、ゆっくりと薬液を注入します。
投与速度は、医師と相談して決めた速度を守りましょう。

薬液を注入する

注意

  • 注入に抵抗を感じたり、痛みや腫れがある場合は、ただちに投与を中止し、針を抜いてください。

抵抗を感じたり、痛みや腫れがある場合→「こんなとき、どうする!?」参照

投与終了後、針を抜く

薬液をすべて注入したら、注射器を台の上に置きます。
アルコール綿を針の上にのせ、針を抜きます。

投与終了後、針を抜く

止血する

完全に止血するまで(3~5分)、アルコール綿で注射部位を押さえたままにします。
止血を確認し、絆創膏を貼ります。

止血する

注意

  • 注射器や針の片付けは、完全に止血してから行ってください。
  • 使用済みの針はしっかりカバーをします。
  • 翼をもって、カバーをかぶせます。

投与の記録を書く

投与日時、使用した薬剤のロット番号、投与量、注射部位等、必要事項を投与記録表に記録します。