イデルビオンをお使いの患者さんへ

Menu

あなたは、CSLベーリングの医薬品を使用されている、あるいは使用される予定の患者さん、またはそのご家族の方ですか?

イデルビオンマニュアル ~投与(注射)方法編~

イデルビオンマニュアル
~投与(注射)方法編~

【監修】東京医科大学 臨床検査医学分野 教授 天野景裕 先生

このマニュアルは、イデルビオン静注用の投与方法について説明しています。 溶解操作方法については、溶解操作編をご覧ください。

投与(注射)の前に必ず行ってください

①投与する場所を確保し、清潔にします。
50センチ四方以上の広さがあり、明るく平らな場所を確保します。
②手を石けんでしっかり洗います。
指と指の間や爪の周囲、手の甲もしっかり洗います。

用意するもの

  • 溶解操作済みの薬液が入った注射器 (翼状針付き)

イデルビオンは、「イデルビオンマニュアル ~溶解操作編~」に従い、添付の溶解液で溶解した後、注射器に移し、翼状針を取り付けます。

イデルビオンは、「イデルビオンマニュアル ~溶解操作編~」に従い、添付の溶解液で溶解した後、注射器に移し、翼状針を取り付けます。

注意

  • 溶解したイデルビオンは、25℃以下で保存し、4時間以内に使用してください。
  • 4時間を過ぎたものは使用しないでください。

① 駆血帯・② 絆創膏・③ アルコール綿・④ 秒針付き時計・⑤ 廃棄用ポリ袋・⑥ 翼状針固定用テープ・⑦ 投与記録表

  • ① 駆血帯
  • ② 絆創膏
  • ③ アルコール綿
  • ④ 秒針付き時計
  • ⑤ 廃棄用ポリ袋
  • ⑥ 翼状針固定用テープ
  • ⑦ 投与記録表

※必要に応じてタオルを準備します。
(手やひじをタオルにのせることで、注射しやすくなる場合もあります。)

投与(注射)の準備がととのったら、次のページ:「イデルビオンの投与(注射)方法」を参照しながら投与(注射)を行ってみましょう。