イデルビオンをお使いの患者さんへ

Menu

あなたは、CSLベーリングの医薬品を使用されている、あるいは使用される予定の患者さん、またはそのご家族の方ですか?

イデルビオンマニュアル ~溶解操作編~

イデルビオンの溶解操作

薬剤バイアルと溶解液バイアルのキャップを外し、ゴム栓をアルコール綿で拭きます。

溶解液バイアル

注意

  • ゴム栓をアルコール綿で拭いたあとは、さわらないでください。
  • 溶解液バイアルは手前に置きましょう。

トランスファーセットの包装容器のふたをはがします。

トランスファーセットの包装容器のふたをはがします。

注意

  • 中に入っているトランスファーセットを包装容器から取り出さないでください。
  • トランスファーセットの接続部分をさわらないでください。

トランスファーセットを包装容器ごと持ち、青色側の穿刺部を、溶解液バイアルのゴム栓にまっすぐ下向きに刺し込みます(  a  )。 包装容器をトランスファーセットから慎重に外します(  b  )。

溶解液バイアル・トランスファーセット

注意

  • 包装容器のみを外し、トランスファーセットを引き上げないでください。

溶解液バイアルを逆さまにし、バイアル全体をしっかりと握り、透明側の穿刺部を、下に置いた薬剤バイアルのゴム栓に、まっすぐ下向きに刺し込み、溶解液を薬剤バイアルの中に移行させます。

溶解液バイアル・薬剤バイアル

注意

  • 薬剤バイアルと溶解液バイアルを逆にしないでください。

薬剤バイアルをゆるやかに、小さく円を描くように時計回りに振り動かし(激しく振らない)、完全に薬剤を溶かします。

薬剤バイアル

注意

  • 振り回す方向を間違えると薬剤バイアルが外れ落ちる可能性がありますので、ご注意ください。溶解液バイアルを外してから振ることもできます。

トランスファーセットの青色側の部分を反時計回りに回して2つに分けます。

トランスファーセット

空の滅菌済み注射器のプランジャーロッドを引いて、所定量の空気を吸引します。

プランジャーロッド

注意

  • 吸引する空気の量は、3~5.5mL(溶解液の量プラス0.5mL)です。

薬剤バイアルが直立した状態で、注射器も直立させ、トランスファーセットのルアーロックに時計回りに回しながら取り付けます(  a  )。 注射器のプランジャーロッドを押して、 薬剤バイアルの中に空気を注入します(  b  )。
※ルアーロック:ねじ込み式の接続方法

ルアーロック

プランジャーロッドをしっかり押したまま薬剤バイアルを上にして、プランジャーロッドをゆっくりと引き、薬液を注射器の中に移行します
 a  )。

プランジャーロッド

注意

  • ゴム栓の広い溝が下になるように傾けて、薬液をすべて注射器の中に移行してください(  b  )。

すべての薬液を注射器の中に移行したら、注射器を下にしたまま、トランスファーセットを反時計回りに回して注射器から外します。

トランスファーセット

注意

  • 注射器の先端をさわらないでください。

翼状針の接続部分が袋の切り口近くにくるように翼状針の袋を開け(  a  )、薬液を移行した注射器を翼状針の接続部分に差し込み、注射器を時計回りに回して取り付けます(  b  )。

翼状針の接続部分

注意

  • 翼状針の接続部分をさわらないでください。

注射器のプランジャーロッドを少し押して、薬液を針先まで満たします。

注射器のプランジャーロッド

注意

  • 溶解後はただちに投与してください。すぐに投与しない場合は、25℃以下で保存し、4時間以内に使用してください。

「イデルビオンの溶解に関する注意」「複数の薬剤バイアルを使用する場合」はこちらを参照してください。

これで溶解操作は完了です。
投与(注射)方法については「イデルビオンマニュアル ~投与(注射)方法編~」をご覧ください。