イデルビオンをお使いの患者さんへ

Menu

あなたは、CSLベーリングの医薬品を使用されている、あるいは使用される予定の患者さん、またはそのご家族の方ですか?

イデルビオンとは

イデルビオンは、血友病Bの治療に
使われる遺伝子組換え血液凝固
きゅう因子製剤(注射剤)です。

イデルビオンは作用時間を延長するために開発された
「遺伝子組換え血液凝固第きゅう因子アルブミン融合タンパク質製剤」

アルブミンは血液中に存在するタンパク質のうち約60%を占め、血液中に長くとどまる性質を持っています。体内の水分を調節して浸透圧を保ったり、血液中の栄養素などに結合して運んだりする天然の物質です。
イデルビオンはアルブミンと融合した血液凝固第きゅう因子製剤であり、アルブミンの性質を利用して、血液中に長くとどまることができます。

イデルビオンの種類

250、500、1000、2000国際単位(IU)の4規格あり、それぞれに溶解液(注射用水)が添付されています。250IU、500IUおよび1000IU製剤は2.5mLで、2000IU製剤は5mLで溶解します。

イデルビオンの種類