イデルビオンをお使いの患者さんへ

Menu

あなたは、CSLベーリングの医薬品を使用されている、あるいは使用される予定の患者さん、またはそのご家族の方ですか?

イデルビオンの使い方

イデルビオンは出血時の投与定期的な投与ができます。

イデルビオンは、出血時の投与、定期的な投与に使います。

イデルビオンの出血時の投与

通常、1回体重1kgあたり50国際単位を投与

1回の投与量、投与回数は患者さんの症状や体重などにあわせて、医師が決めます。

イデルビオンの定期的な投与

以下の方法で投与します。投与量と投与間隔は、患者さんの症状や体重などにあわせて、医師が決めます。

体重1kgあたり35~50国際単位を7日に1回投与
体重1kgあたり75国際単位の14日に1回投与に変更することも可能
(出血状況など患者さんの状態を考慮)
ただし、1回の投与量は体重1kgあたり75国際単位を超えて投与することはありません。

イデルビオンの投与方法に関する注意事項
  • イデルビオンの投与量や投与間隔は、患者さんの「血液凝固第きゅう因子活性レベル」や「出血部位や出血量」など、患者さんの状態に応じて医師が調節します。
  • イデルビオンをお使いになる際は、医師の指導を必ず守り、自分の判断で投与量や投与間隔を変更することはやめましょう。