エイフスチラをお使いの患者さんへ

Menu

あなたは、CSLベーリングの医薬品を使用されている、あるいは使用される予定の患者さん、またはそのご家族の方ですか?

エイフスチラとは

エイフスチラは血友病Aの治療に使われる遺伝子組換え血液凝固第VIIIは ち因子製(注射剤です

エイフスチラは、遺伝子組換えでつくられる
「遺伝子組換え単鎖血液凝固第VIIIは ち因子製剤」

血液凝固第VIIIは ち因子は「長い鎖」と「短い鎖」からなる2本の鎖でできています。「長い鎖」は、細胞から作り出される過程で、いろいろな長さのものができてしまいます。
単鎖血液凝固第VIIIは ち因子製剤(エイフスチラ)は、血液凝固第VIIIは ち因子を遺伝子組換えによって、凝固に必要な部分にしぼって「長い鎖」を短くし、さらに2本の鎖をくっつけて、1本の鎖(単鎖構造)にした製剤です。短くすること、さらに単鎖構造にすることで、より安定した構造となります。
また、血液凝固第VIIIは ち因子を酵素分解から守る、フォン・ヴィレブランド因子と呼ばれるタンパク質との結びつきも強く、血液中でも、より長くとどまることができます。

エイフスチラの種類

250、500、1000、1500、2000、2500、3000国際単位(IU)の7規格あり、溶解液として、250、500、1000 IU製剤には日局注射用水2.5mL が、1500、2000、2500、3000 IU製剤には日局注射用水5mLがそれぞれ添付されています。

エイフスチラの種類