イデルビオン®医療関係者向け情報

Menu

医療関係者向け情報

この「医療関係者向け情報」のページでは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために、国内の医療関係者の方を対象に、弊社の医療用医薬品情報を提供しています。
一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

医療関係者ではない方はこちら

調製方法

※作業はすべて無菌的に行ってください。

(1)溶解準備

イデルビオンを冷蔵庫から取り出した場合は、室温に戻しておく。25℃を超えて保存した場合は使用しない。
作業場所(水平な台)を清潔にし、手を石けんでしっかり洗う。
使用前にバイアルに異常(変色、濁り、容器の破損など)がないか確認する。
薬剤バイアルと溶解液バイアルのキャップを外し、ゴム栓をアルコール綿で拭く。

(2)バイアルのセット

専用溶解器(薬液用両刃針:CSLベーリングトランスファーセット)の包装容器のふたをはがす。
溶解器を包装容器ごと持ち、青色側の穿刺部を溶解液バイアルのゴム栓にまっすぐ下向きに刺し込む(図1)。
包装容器を溶解器から慎重に外す(図2)。

バイアルのセット

(3)薬剤の溶解

溶解液バイアルを逆さまにし、透明側の穿刺部を下に置いた薬剤バイアルのゴム栓に、まっすぐ下向きに刺し込み、溶解液を薬剤バイアル中に移行させる(図3)。
薬剤バイアルをゆるやかに、小さく円を描くように時計回りに振り動かし(激しく振らない)、完全に薬剤を溶かす(図4)。
溶解器の青色側の部分を反時計回りに回して2つに分ける(図5)。

薬剤の溶解

(4)薬液を注射器に移す

空の滅菌済注射器に所定量の空気を吸引しておき、溶解器のルアーロックに、カチッとなるまで注射器を時計回りに回しながら取り付ける(図6)。
注射器のプランジャーロッドを押して、薬剤バイアルの中に空気を注入する。
プランジャーロッドをしっかり押したまま薬剤バイアルを上にして、プランジャーロッドをゆっくりと引き、薬液を注射器の中に移行する(図7)。
すべての薬液を注射器の中に移行したら、注射器を下にしたまま、溶解器を反時計回りに回して注射器から外す。

薬液を注射器に移す

(5)注射器に翼状針を取り付ける

翼状針の接続部分が袋の切り口近くにくるように、翼状針の袋を開ける。
薬液を移行した注射器を、翼状針の接続部分に差し込み、取り付ける(図8)。
袋を外し、注射器のプランジャーロッドを少し押して、薬液を針先まで満たす。

注射器に翼状針を取り付ける