中等症・軽症の患者さんへ

Q. どのような出血が起こりやすいですか?

監修
国立病院機構大阪医療センター 感染症内科 西田 恭治 先生

A. 目に見えない関節内、筋肉内は中等症・軽症でも気づかないうちに出血していることがあります。

出血には「目に見える出血」だけでなく、関節や筋肉など、身体の中で起こる「目に見えない出血」があります。「目に見えない出血」は出血の徴候に気づけないこともあるので注意が必要です。
また、頭部の打撲などにより頭蓋内(ずがいない) 出血を起こすこともあります。

関節内出血

関節内出血
参考)血友病医療のガイドライン(世界血友病連盟)

関節内出血は、ひざ、ひじ、足首などで起こりやすく、出血すると痛み、腫れ、熱感などの症状を生じます。
出血の前兆として、「むずむずする」など関節に違和感があらわれることがあります。

筋肉内出血

筋肉内出血

筋肉をおおう筋膜と筋肉の間、または筋肉の中に出血します。身体を打ったり、足をくじいたりすることで起こります。

出血してできた血腫( けっしゅ)(血のかたまり)が筋肉を圧迫するため、痛み、腫れ、熱感、動かしづらさなどを感じることがあります。

STUDY NOTE

気をつけたい出血~腸腰筋出血~

腰の骨とふとももの骨の間に腸腰筋(ちょうようきん)と呼ばれる大きな筋肉があり、スポーツや無理な姿勢での運動が原因で出血することがあります。
腸腰筋の出血では、股関節〜下腹部の痛み、足を伸ばせないなどの症状や、出血付近にある神経を圧迫し、下肢に神経障害(知覚麻痺、しびれ)をきたす場合もあります。また筋肉が大きいため大量出血となる場合があります。

腸腰筋出血の徴候
腸腰筋出血の徴候
  • 股関節~下腹部の痛み
  • 知覚麻痺、しびれ
  • 太ももを伸ばせない
  • 大量出血による貧血 など
確認してみましょう

出血かもしれないサイン(兆候)はどれでしょう?

  • 痛い
  • あつい
  • しびれる
  • かゆい
  • 頭痛
  • チクチクする
  • ムズムズする
  • ふらふらする
  • だるい
  • うずくような痛み
  • なんとなくいつもと違う
答えがわからなかったり、正解を知りたいときは主治医の先生に聞いてみてください。
アクティブな血友病ライフのために
PAGE TOP