幼児期~小学生 血友病治療で目指す未来

暮らしのヒント(医療費助成制度)

監修
名古屋大学医学部附属病院 輸血部 鈴木 伸明 先生

血友病治療の経済的負担を軽減するためにいくつかの制度を組み合わせて利用することができます。

日本では、血友病治療の経済的負担を軽減するための医療費助成制度があり、いくつかの制度を組み合わせて利用することによって自己負担額が実質無料になります。また、血友病が原因となって就労に支障がでた場合に申請可能な年金や手当もあります。
就職や転居に伴って変更手続きが必要なこともあるので、早めに主治医や医療ソーシャルワーカー(MSW)などに相談しましょう。

血友病患者さんの医療費助成制度

血友病患者さんが医療費助成制度を利用した場合の負担額の比較グラフ
公的医療保険
健康保険
職業や勤め先によって加入する健康保険が異なります。加入者の年齢や所得に応じて、かかった医療費の7~9割が健康保険から支給され、残りの自己負担額を医療機関の窓口で支払います。
血友病の医療費助成制度
特定疾病療養
高額な治療費を継続して支払う必要がある疾患に対し、自己負担金を軽減する医療費助成制度です。 申込先:加入している健康保険の窓口
先天性血液凝固因子障害等治療研究事業
20歳以上の患者さんが対象の制度です。この制度を利用すると、血友病治療の保険診療にかかる自己負担額が無料になります。 申込先:患者本人の居住地の保健所
ライフステージ別血友病ライフ
PAGE TOP