イデルビオンをお使いの患者さんへ

Menu

あなたは、CSLベーリングの医薬品を使用されている、あるいは使用される予定の患者さん、またはそのご家族の方ですか?

イデルビオンマニュアル ~溶解操作編~

イデルビオンマニュアル
~溶解操作編~

【監修】東京医科大学 臨床検査医学分野 教授 天野景裕 先生

このマニュアルは、イデルビオン静注用の溶解操作方法について説明しています。
溶解操作後の投与方法については、投与(注射)方法編をご覧ください。

溶解操作の前に必ず行ってください

①作業する場所を確保し、清潔にします。
50センチ四方以上の広さがあり、明るく平らな場所を確保します。
②手を石けんでしっかり洗います。
指と指の間や爪の周囲、手の甲もしっかり洗います。

用意するもの

  • 薬剤バイアルと溶解液バイアルは、室温に戻しておきます。
  • 国際単位数、使用期限と外観に異常がないかを確認します。

すべて未開封のものを用意します。

  • 薬剤バイアル
  • 溶解液バイアル
  • CSLベーリングトランスファーセット[溶解器(薬液用両刃針)]

注意

以下の場合は使用しないでください。

  • 使用期限が切れているもの
  • 25℃を超えて保存したもの
  • 外観に異常のあるもの(変色、濁り、容器の破損)

① 滅菌済み翼状針・② アルコール綿・③ 空の滅菌済み注射器・④ 廃棄用ポリ袋

  • ① 滅菌済み翼状針
  • ② アルコール綿
  • ③ 空の滅菌済み注射器
  • ④ 廃棄用ポリ袋

※使用する注射器の大きさは、投与量によって異なります。

溶解操作の準備がととのったら、次のページ:「イデルビオンの溶解操作」を参照しながら溶解操作を行ってみましょう。